*

「浮き指」が治れば転倒も防げて腰痛やひざ痛など体の痛みも改善

公開日: : 腰痛を改善する運動・動作

体操選手も浮き指で地面をふんばれない

足裏をしっかり地面につけて立ち、体を少し前傾姿勢にしてみてください。このとき、足のどの部分に、力が入っていますか。体が倒れないようにバランスを取っているときは、足の指でふんばっているはずです。

手の指に力が人らなければ、物がつかめないように、足指に力が入らなければ、地面をふんばることができないのです。

ところが、立っているときの足裏への体重のかかりぐあいを測定すると、ほとんどの人が足指に体重が乗っていません。いわゆる、足指が地面から浮いている”浮き指”の状態です。これではふんばれないも同然なのです。

スポーツトレーナーの川原剛正さんはこれまで、アスリートからお年寄りまで、数十万人の足を見てきましたが、ほぼ100%の人が浮き指でした。これは、年齢も性別も関係ありません。

そして、歩行障害、転倒から、腰痛、ひざ痛、外反母祉といった症状の多くは、浮き指が原因だと川原さんは考えています。

川原さんが浮き指の弊害に気がついたのは、五輪にも出場した体操選手を指導していたときのことです。ほとんどの選手が着地の際、決まって体が後ろに傾いてバランスをくずしていました。これは、足指でふんばれていない証拠です。着地が重要である体操選手ですら、足指が地面から浮いてしまっているのです。

浮き指が体に多くの悪影響を与えていた

その後、川原さんは、介護施設でお年寄りのリハビリを行うようになって、浮き指の弊害を確信するようになりました。お年寄りを観察していると、いくつかの点で、浮き指が体に多くの悪影響を与えていたのです。

一つめは、歩き方。お年寄り特有のすり足でトボトボと歩く姿。これは足指が浮いてふんばれず、片足で立つのが怖いために、反対の足が上げられず、すり足になってしまうためです。

二つめは、転倒骨折。転倒して大腿骨を骨折し、要介護になるお年寄りが多いのも、足指でふんばれていないためです。ふんばれていれば、転んでもひざを曲げて倒れるので、大腿骨骨折は起こりにくいのです。

三つめが、腰やひざなどへの影響。足指が浮いていると、歩いたときに腰やひざへの衝撃が大きく、腰痛やひざ痛、脊柱管狭窄症にもつながるのです。

四つめが、姿勢の問題。浮き指だと、立ったときの不安定さを改善しようとするため、姿勢が悪くなります。ひざが曲がってO脚になったり、腰が曲がったり、猫背になったりしやすいのです。姿勢が悪くなると、腰やひざにさらに負担がかかるうえ、その結果、肩こりや便秘などにもなります。

五つめが、足腰以外への影響。前かがみで下を向いていると、目から入る情報が少なくなるため、認知機能まで低下しかねないのです。

足指でふんばる必要がなくなった

浮き指は健康をもおびやかす大問題だということが、おわかりいただけたかと思います。

ちなみに、お年寄りの転倒防止用の介護シューズの多くは、つま先が地面から上に反っています。足に物がひっかかってつまずくのを防ぐために、この構造になっているのです。しかし、これでは、浮き指をより加速させてしまうので、逆効果です。

ところで、多くの人が浮き指になったのは、靴をはくようになってからです。靴底と地面の間にできる摩擦が足を支えてくれるため、私たちは足指でふんばる必要がなくなったのです。

また、靴をはくようになって歩き方も変わりました。人間本来の歩き方は、骨格をバランスよく使った「ローリング歩行」といわれています。これは、かかとから着地し、足裏の外側を通って第5措から第1指へと体重を移動し、つま先で蹴り出すという歩き方です。

このように、足指をきちんと使って歩いていると、足裏の真ん中に、縦に「i」の字のくぼみ(センターアーチ)ができます。

80歳や90歳でも元気になっている

ところが、靴をはくことで、足指を使わなくなったため、センターアーチができにくくなっているのです。なかには、足裏が完全に反った状態の「開帳足」の人も見受けられます。

センターアーチがないと足指が地面をとらえにくくなるため、浮き指がさらに進行します。

そして、きちんと足指を使って歩けないため、ますますセンターアーチがなくなるという悪循環に陥るのです。よく、「足のアーチ」というと、土踏まずの反り(横アーチ)ばかりが問題視されますが、歩くときの機能で考えると、センターアーチを作ることこそ、重要なのです。

このような浮き指を治すには、足指の握力をつけることと、センターアーチを作ることがポイントになります。その方法として、川原さんは簡単な運動を指導しています。

要介護者をへらす方法は、浮き指を治すことです。浮き指が治れば転倒も防げて、腰痛やひざ痛など、体の痛みも改善し、しっかり歩けます。はつらつと外へ出歩けられれば、認知機能も高まるはずです。

その結果、80歳や90歳でも、浮き指で歩行困難だった多くのかたが、2カ月足らずで元気になっているのです。今、足が上がりにくい人も、浮き指を治すことから始めてみてください。



関連記事

「おじぎストレッチ」でふだんより長い距離を一度に歩ける

「おじぎストレッチ」はすぐに効果が出る 清水整形外科クリニック院長の清水伸一先生は、間欠性

記事を読む

腰痛を起こさないためのストレッチ「突き出しストレッチ」

腰痛を起こさないために、腸腰筋をゆるめるための2つめの方法「ストレッチ」です。普段からストレ

記事を読む

間欠性跛行の人は「おじぎストレッチ」で足腰の筋力を維持

爪先から着地して歩けば歩行距離が延びる 清水整形外科クリニック院長の清水伸一先生は、間欠性

記事を読む

腰痛を治すためには腸腰筋を強くすることも必要

座ったままできる 腰痛を治すためには、腸腰筋をゆるめるとともに、強くすることも必要になります。

記事を読む

常に重だるい状態の腰痛が「足の甲刺激」で改善

「足の甲刺激」のおかげで腰の重だるさがその場で消えスタスタ歩けて家事もラクラクになった神奈川

記事を読む

  • 腰痛改善ストレッチ【福辻式】
PAGE TOP ↑