*

1日につきたった1分の「腰ふり」で長年苦しんでいた腰痛から解放

公開日: : 腰痛を改善する運動・動作

こわばっている筋肉をほぐしてあげる必要がある

運動不足や不規則な生活などにより、現代人の多くが腰痛に悩まされています。腰痛は、まさに国民病ともいえる症状なのです。

腰痛に悩んでいるかたの体を見ると、たいてい全身を支えている骨盤がゆがんでいることがわかります。加えて、骨盤を支えている筋肉群もこわばっています。

骨盤がゆがんでいると、正しい姿勢で直立できません。それにより、体の関節に余計な負荷がかかり、腰やひざなどに痛みが生じてくるのです。

痛みを取り除くには、まず、骨盤のゆがみを矯正して、骨盤周囲のこわばっている筋肉をほぐしてあげる必要があります。

これには骨盤周りの筋肉を動かす運動が有効ですが、ただ動かすだけでは高い効果は期待できません。単純に筋肉を動かそうとしても、こわばった筋肉はなかなか思いどおりには動かないものです。

腰痛を取り除くには骨から動かせ!

そこで重要なのが、筋肉だけを動かそうとするのではなく、骨から動かすことです。筋肉は骨に付着しているので、骨を動かせば筋肉もそれに連動してダイナミックに動いてくれます。それにより、筋肉群の血流が促されて、緊張していた筋肉のこわばりもしだいにほぐれていくのです。

骨から動かす運動-。それに最適なのが、「腰振り」です。

腰振りは、いつでもどこでもできる、非常にシンプルな体操です。動作としては、ただ腰を左右に振るだけ。しかも、体操に要する時間は1日につきたった1分です。

やり方を詳しく説明しましょう。まず、左右の足をこぶし二つ分の間隔で開いて、背すじを伸ばしてまっすぐ立ちます。このとき、両足のつま先が平行になるようにしましょう。両手は腰に添え、腰は反らないようにしてください。この姿勢のまま、腰を左右に振ることをくり返します。

腰振りでは、体の中心線がぶれないようにすることが大切です。頭や肩の位置は動かさずに、腰だけを左右に動かします。腰の振りに合わせて、突き出す方向と反対のひざが自然に曲がります。1分間で、30往復するぐらいの速さが目安です。

長年苦しんでいた腰痛から解放された

グリーン健康会代表の北濱みどり先生は、自分の主宰する体操教室で腰振りを指導し、腰痛に大きな効果を上げてきました。なかには、腰の難病が改善したかたもいます。

60歳の男性Hさんのケースです。Hさんは介護施設に勤めており、仕事柄、足腰を酷使する作業が多く、慢性的な腰痛に悩まされていました。

しだいに痛みがひどくなってきたので、病院へ行くと、椎間板ヘルニアと診断されたのです。しかし、病院では痛み止めの薬と湿布を出されただけでした。

その後、自身でさまざまな方法を試したものの、効果はあまり現れません。そんなやさきに、北濱先生の教室を訪れたのです。

それ以降、腰振りを毎日続けていたところ、1年後には痛みがかなり軽減するまでに回復。長年苦しんでいた腰痛から解放されたと喜んでいます。

1万歩以上も歩けると大喜び!

また、脊柱管狭窄症 (脊髄の通っている脊柱管が狭くなり、神経が圧迫される病気)と診断された62歳の男性Mさんのケースです。Mさんは腰痛で歩くのもままならず、病院で手術を受けることになりました。しかし、手術から1年もたたないうちに、再び腰が痛み出したのです。

そこで、教室での指導とともに腰振りを毎日行ってもらったところ、3カ月後には、なんと1万歩以上も歩けるようになりました。

北濱先生自身も日々、腰振りを行って、腰痛の予防・改善に役立てています。北濱先生は、20歳のときに運転中に追突事故に遭い、腰の骨である腰椎の一カ所が損傷してしまいました。それ以来、ことあるごとに腰が痛みだすようになったのです。

特に、疲れがたまってきたり、腰に負担のかかる作業を行ったりすると、すぐに腰が痛みだします。そんなときに腰振りを行うと、痛みが軽減して楽になるのです。まさに腰振りは、北濱先生の元気の秘訣といえます。

最後に一つだけ注意点です。いわゆるギックリ腰など、急性の腰痛の場合は、まずは炎症がある程度引くまで、腰振りは控えてください。数日たって、症状が落ち着いてから行うといいでしょう。不安のあるかたは、医師と相談してから行いましょう。



関連記事

腰椎分離すべり症で腰が痛く仕事も退職したがなかなか良くならない

腰椎分離すべり症と診断された 福岡県にお住いの田端さん(65歳・仮名)が、腰に痛みが出るように

記事を読む

常に重だるい状態の腰痛が「足の甲刺激」で改善

「足の甲刺激」のおかげで腰の重だるさがその場で消えスタスタ歩けて家事もラクラクになった神奈川

記事を読む

腸腰筋を鍛える腰痛改善法で効果を上げるためのポイント

腸腰筋を柔軟にし、強くするための実践法をいくつか紹介してきました。これらを続ければ、慢性の腰

記事を読む

大津接骨院の石橋輝美先生による「足の甲刺激」の効果についての解説

腰痛は、日本人に非常に多く、国民病ともいえます。特に、「腰が常に重だるい」「ズンとした鈍痛が

記事を読む

腰痛を治すためには腸腰筋を強くすることも必要

座ったままできる 腰痛を治すためには、腸腰筋をゆるめるとともに、強くすることも必要になります。

記事を読む

  • 腰痛改善ストレッチ【福辻式】
PAGE TOP ↑