*

腰痛の主な原因である骨盤から背骨のゆがみを改善する方法「耳つかみ」

公開日: : 最終更新日:2017/09/04 腰痛を予防する生活術, 腰痛を改善する運動・動作

ほとんどの人は背骨にゆがみがある

腰痛の主な原因は、背骨のゆがみです。背骨がゆがむと、背骨の背中側にある筋肉の左右どちらかに負荷がかかり、筋肉の張りが痛みとなって現れます。

また、背骨がゆがむと神経系統にも異常が生じて、手足のしびれや座骨神経痛などにもつながります。

私たちはふだん、重力の影響を受けて生活しています。ですから、体を動かすときは、体にカを入れなければなりません。普通に立っているだlナでも、垂力に抵抗するために、体には知らず知らずのうちにカが入っているものです。

「体に力が入っている」とは、肩に力が入った状態です。ここで一つ覚えておいてほしいのが、肩と骨盤は連動しているという体のしくみです。

肩に力が入ると、骨盤の動きもロックされてしまいます。すると、骨盤から腰・胸・首へと伸びる背骨のアーチがくずれて、ゆがみが生じるのです。

ですから、地球上で生きている以上、ほとんどの人は多少なりとも背骨にゆがみがあるといってよいでしょう。

肩と骨盤が連動しているということは、逆にいえば、肩の力を抜いて正しい位置にすることで、骨盤の位置も整えることができるということです。

大きな成果を上げている方法

骨盤が整えば、体には軸がしっかりできるため、背骨のゆがみが取れて、全身のバランスが整ってきます。そうすれば、腰痛をはじめとする、さまざまな不調が改善してくるのです。

そこで、肩の位置を正して、骨盤から背骨のゆがみを改善する方法として、お勧めなのが「耳つかみ」です。

耳つかみは、一方の手で頭越しに反対側の耳の上端をつかむだけの、家庭でできる簡単な自力療法です。

簡単で、いつでも、どこでむ、短時間でできるこの方法は、治療院の患者さんにも勧められていて、大きな成果を上げています。

耳つかみをやる前には、自分の体のゆがんでいる方向を知る必要があります。

日常生活で同じ姿勢や同じ動作をくり返しているなかで、体の使い方には一人ひとり固有のクセが生じています。そのクセによって、体が左に傾いているのか、右に傾いているのかといった、背骨のゆがみ方に違いが現れてくるのです。

→腰痛の改善や予防に「耳つかみ」は効果的



関連記事

外出した時の腰を痛めない方法

上りよりも下りに注意 駅やマンション、デパートなどの階段を上るときは、手すりなどにつかまりなが

記事を読む

「浮き指」が治れば転倒も防げて腰痛やひざ痛など体の痛みも改善

体操選手も浮き指で地面をふんばれない 足裏をしっかり地面につけて立ち、体を少し前傾姿勢にしてみ

記事を読む

たんばく質で筋肉量を増やし腰痛を予防する

腰痛予防に食事はとても重要 私たちの体の筋肉は、加齢とともに衰えていきますが、衰えていく一

記事を読む

「ゴロ寝ひざ裏伸ばし」でハムストリングスを緩めて腰痛を改善

加齢で体は硬くなり姿勢が悪くなる 体が柔らかい人は、若々しい。これは間違いなく言えます。ところ

記事を読む

腰痛を起こさないためのストレッチ「突き出しストレッチ」

腰痛を起こさないために、腸腰筋をゆるめるための2つめの方法「ストレッチ」です。普段からストレ

記事を読む

  • 腰痛改善ストレッチ【福辻式】
PAGE TOP ↑