*

医師が答えてくれる腰痛Q&A その2

公開日: : 最終更新日:2017/10/23 腰痛の知識

腰痛に関する代表的な質問に対して、東京大学医学部附属病院特任准教授の松平浩先生に答えていただきました。

温めたほうがいいのか

Q.腰痛の患部は、冷やしたはうがよいのでしょうか。それとも、温めたほうがよいのでしょうか?

A.痛みは、「温めると改善の助けとなる」といったデータはいくつかあります。しかし、冷やすとよいというデータは乏しいのが現状です。

ですので、非特異的腰痛の全般では、「温めて悪いことはない」くらいに思っておくとよいでしょう。

シップに関しては、最近のものには患部の炎症を抑える効果があります。

患部にシップを貼ると、「気持ちがいい」「痛みが和らぐ」と感じる人は、使用するといいでしょう。

安静期間はどれくらい?

Q.腰痛になったら安静期間はどれくらいでしょうか?

A.動けないほどのギックリ腰を患った場合、2日程度なら仕事を休んでも構わないでしょう。ただし、休むのは2日日までとしてください。長くても3日以上は安静に保つことは避けましょう。

痛み止めを上手に使いながら、早めに活動を始めましょう。

日常的な対処法は?

Q.朝、歯を磨きながらくしゃみをしたら、ギックリ腰になった経験があります。それ以来、くしゃみには気を付けていますが、日常的な対処法はありますか?

A.無防備な姿勢でくしゃみやセキをすると、瞬間的に椎間板に大きな負担がかかります。それが原因で、ギックリ腰やヘルニアを引き起こすことがあります。

くしやみやセキをする際には、姿勢に注意する必要があります。くしやみが出ることがわかったら、背筋を伸ばして近くの壁や机に片手をつくといいでしょう。

座っている場合には、机や自分のひざに片手をつく姿勢を取るようにしてください。

→医師が答えてくれる腰痛Q&A その1

→医師が答えてくれる腰痛Q&A その3



関連記事

心と腰痛の関係

ストレスやうつによるドーパミンの低下 心と腰痛(痛み)の関係は脳科学の観点からも解明されつつあ

記事を読む

急性腰椎症による腰痛(ぎっくり腰など)

ぎっくり腰は筋肉や筋膜の損傷 突然、腰に激しい痛みが起こるのが「急性腰痛症」で、顔を洗おう

記事を読む

非特異的腰痛では、できる範囲で普段の活動を続けることが大事

普段の生活をしたほうが、結果的に改善する 「腰痛には安静が必要」という思考そのものが、「動けば

記事を読む

腰痛は大きく二つに分けられる

効果的な腰痛対策はまったく違う 中高年世代をはじめ、働き盛りや若い人まで、多くの人を悩ませてい

記事を読む

慢性腰痛は悪い姿勢などが引き起こす「生活習慣病」

痛みが起こらないしっかりとした土台づくりをすることが必要 慢性腰痛は悪い姿勢などが引き起こす「

記事を読む

  • 腰痛改善ストレッチ【福辻式】
PAGE TOP ↑