*

腰痛に効果のある遠絡療法での腕もみのやり方

公開日: : 腰痛を改善する運動・動作

腰の痛む場所によって、刺激するポイントや方法が異なります。自分の症状によって、選んでください。

以下のやり方は、右側が痛む場合のものです。左側が痛む場合は、左腕の同様の場所を右手で刺激します。

もむポイントは、強く押すとびっくりするくらいの圧痛があります。押しながら正確な場所を探しましょう。

 

A.(腰の背骨からやや右側)が痛む場合

【もむポイント】右手の甲を自分が見えるように向け、右腕を90度に曲げる。腕の小指側にある骨をひじのほうにたどっていき、その終着点のひじの出っ張りから、指の幅1本分(約1cm)下側にあるくぼみ。

【もみ方】左手の親指で強く押す。指は離さずに、指先に向かって30回押しもみする。

 

B.(腰の右外側)が痛む場合

【もむポイント】右手の甲を自分が見えるように向け、右腕を90度に曲げる。腕の小指側にある骨をひじのほうにたどっていき、その終着点のひじの出っ張りから、指の幅1本分(約1cm)上側にあるくぼみ。

【もみ方】左手の親指で強く押す。指は離さずに、指先に向かって30回押しもみする。

 

C.(座骨の中央からやや右側)が痛む場合

【もむポイント】右手の甲を自分が見えるように向け、こぶしをつくる。左手の人差し指で、小指の外側を手首のほうに向かって強く押していき、圧痛点を探す。

【もみ方】圧痛点が見つかったら、強く押したまま、指は離さずに、指先に向かって30回押しもみする。指ではなく、細い棒などで押してもよい。

 

D.(座骨の右外側)が痛む場合

【もむポイント】右手の甲を自分が見えるように向け、こぶしをつくる。左手の親指で、小指と薬指の聞から手首のほうに向かって強く押していき、圧痛点を探す。

【もみ方】圧痛点が見つかったら、強く押したまま、指は離さずに、指先に向かって30回押しもみする。指ではなく、細い棒などで押してもよい。

→西洋医学と東洋医学の利点を融合させた遠絡療法による腰痛の改善



関連記事

腰痛に効果のある1日5分のストレッチ

腰痛予防・改善する背筋と腹筋の柔軟性や筋力を高める運動は、両者をバランスよくおこなう必要があ

記事を読む

保冷剤を手で握るだけで腰痛や関節リウマチが改善していく

「ステロイド剤が効く病気」に効果あり! 体を温めることが、健康によいことは、よく知られています

記事を読む

「浮き指」が治れば転倒も防げて腰痛やひざ痛など体の痛みも改善

体操選手も浮き指で地面をふんばれない 足裏をしっかり地面につけて立ち、体を少し前傾姿勢にしてみ

記事を読む

なぜ、おなかをもむと腰痛が治るのか

腹筋や背筋を鍛えただけでは慢性腰痛は解消しない 慢性腰痛の場合、改善するには、腹筋や背筋を鍛え

記事を読む

腰ふり」のおかげで腰痛ベルトも湿布も必要なくなった

10年来の腰痛が消失し元気に仕事ができるようになった兵庫県 56歳 介護職 女性の方の体験談

記事を読む

  • 腰痛改善ストレッチ【福辻式】
PAGE TOP ↑