*

腰痛に効果のある遠絡療法での腕もみのやり方

公開日: : 腰痛を改善する運動・動作

腰の痛む場所によって、刺激するポイントや方法が異なります。自分の症状によって、選んでください。

以下のやり方は、右側が痛む場合のものです。左側が痛む場合は、左腕の同様の場所を右手で刺激します。

もむポイントは、強く押すとびっくりするくらいの圧痛があります。押しながら正確な場所を探しましょう。

 

A.(腰の背骨からやや右側)が痛む場合

【もむポイント】右手の甲を自分が見えるように向け、右腕を90度に曲げる。腕の小指側にある骨をひじのほうにたどっていき、その終着点のひじの出っ張りから、指の幅1本分(約1cm)下側にあるくぼみ。

【もみ方】左手の親指で強く押す。指は離さずに、指先に向かって30回押しもみする。

 

B.(腰の右外側)が痛む場合

【もむポイント】右手の甲を自分が見えるように向け、右腕を90度に曲げる。腕の小指側にある骨をひじのほうにたどっていき、その終着点のひじの出っ張りから、指の幅1本分(約1cm)上側にあるくぼみ。

【もみ方】左手の親指で強く押す。指は離さずに、指先に向かって30回押しもみする。

 

C.(座骨の中央からやや右側)が痛む場合

【もむポイント】右手の甲を自分が見えるように向け、こぶしをつくる。左手の人差し指で、小指の外側を手首のほうに向かって強く押していき、圧痛点を探す。

【もみ方】圧痛点が見つかったら、強く押したまま、指は離さずに、指先に向かって30回押しもみする。指ではなく、細い棒などで押してもよい。

 

D.(座骨の右外側)が痛む場合

【もむポイント】右手の甲を自分が見えるように向け、こぶしをつくる。左手の親指で、小指と薬指の聞から手首のほうに向かって強く押していき、圧痛点を探す。

【もみ方】圧痛点が見つかったら、強く押したまま、指は離さずに、指先に向かって30回押しもみする。指ではなく、細い棒などで押してもよい。

→西洋医学と東洋医学の利点を融合させた遠絡療法による腰痛の改善



関連記事

足の指のまたを押すと冷えからくる腰痛が楽に

急な症状にも対応できるセルフケア 「先生、急に腰に痛みが‥…」 「体に湿疹が出たんですけ

記事を読む

「足指曲げ」の効果でつらかった腰痛が改善

足の内旋が腰痛の原因だった スポーツジャーナリストの石井隼人さんは、17年前、全国中学校サッカ

記事を読む

認知症に効果のある「イモ虫ゴロゴロ」運動は腰痛にも効く

失われた運動機能が改善した! 「イモ虫ゴロゴロ」は、イモ虫のような体勢で、畳や床の上をゴロゴロ

記事を読む

「大また歩き」で1年半以上腰痛の再発を防げている

宝塚医療大学鍼灸学科教授 西条一止先生の体験談の続きです。 筋肉のバランスが整い痛みが

記事を読む

脊柱管狭窄症による腰痛を軽減する「横向き足抱え」と「腰丸め体操」のやり方

「横向き足抱え」のやり方 まずは、「横向き足抱え」です。横向きに寝て、ひざを抱えて腰を丸めます

記事を読む

  • 腰痛改善ストレッチ【福辻式】
PAGE TOP ↑