*

腰痛に効果のある遠絡療法での腕もみのやり方

公開日: : 腰痛を改善する運動・動作

腰の痛む場所によって、刺激するポイントや方法が異なります。自分の症状によって、選んでください。

以下のやり方は、右側が痛む場合のものです。左側が痛む場合は、左腕の同様の場所を右手で刺激します。

もむポイントは、強く押すとびっくりするくらいの圧痛があります。押しながら正確な場所を探しましょう。

 

A.(腰の背骨からやや右側)が痛む場合

【もむポイント】右手の甲を自分が見えるように向け、右腕を90度に曲げる。腕の小指側にある骨をひじのほうにたどっていき、その終着点のひじの出っ張りから、指の幅1本分(約1cm)下側にあるくぼみ。

【もみ方】左手の親指で強く押す。指は離さずに、指先に向かって30回押しもみする。

 

B.(腰の右外側)が痛む場合

【もむポイント】右手の甲を自分が見えるように向け、右腕を90度に曲げる。腕の小指側にある骨をひじのほうにたどっていき、その終着点のひじの出っ張りから、指の幅1本分(約1cm)上側にあるくぼみ。

【もみ方】左手の親指で強く押す。指は離さずに、指先に向かって30回押しもみする。

 

C.(座骨の中央からやや右側)が痛む場合

【もむポイント】右手の甲を自分が見えるように向け、こぶしをつくる。左手の人差し指で、小指の外側を手首のほうに向かって強く押していき、圧痛点を探す。

【もみ方】圧痛点が見つかったら、強く押したまま、指は離さずに、指先に向かって30回押しもみする。指ではなく、細い棒などで押してもよい。

 

D.(座骨の右外側)が痛む場合

【もむポイント】右手の甲を自分が見えるように向け、こぶしをつくる。左手の親指で、小指と薬指の聞から手首のほうに向かって強く押していき、圧痛点を探す。

【もみ方】圧痛点が見つかったら、強く押したまま、指は離さずに、指先に向かって30回押しもみする。指ではなく、細い棒などで押してもよい。

→西洋医学と東洋医学の利点を融合させた遠絡療法による腰痛の改善



関連記事

間欠性跛行の人は「おじぎストレッチ」で足腰の筋力を維持

爪先から着地して歩けば歩行距離が延びる 清水整形外科クリニック院長の清水伸一先生は、間欠性

記事を読む

背筋を鍛える筋力トレーニング

立っている姿勢や座っている姿勢を保つためには、腰椎の後方にある脊柱起立筋などの筋肉を緊張させ

記事を読む

足抱え体操は腰椎すべり症による腰痛にも有効

椎間板ヘルニアの人はやってはいけない 足抱え体操をすると、その場で脊柱管が広がるので、痛み

記事を読む

「手のひら刺激」で心と体の状態がよくなり、腰痛や高血圧が改善

沈みがちな気分がたちまち晴れた東京都 45歳 セミナー講師 女性の方の体験談です。 心と体

記事を読む

大津接骨院の石橋輝美先生による「足の甲刺激」の効果についての解説

腰痛は、日本人に非常に多く、国民病ともいえます。特に、「腰が常に重だるい」「ズンとした鈍痛が

記事を読む

  • 腰痛改善ストレッチ【福辻式】
PAGE TOP ↑