*

整形外科医が勧めている「運動で腰痛を治す」

公開日: : ぎっくり腰, 腰痛の治療

腰椎には寝ているとき以外常に負荷がかかっている

現在、日本では約2800万人もの人が、腰痛に苦しんでいるといわれています。なぜ、それほど多くの人が腰痛を患っているのでしょうか。

腰はその名が示すとおり、体の要です。上半身を支えるの
はもちろんのこと、体を動かすときの中心部になります。腰椎(背骨の腰の部分)は、体を曲げたり、伸ばしたり、ひねったりする動きの中心となると同時に、骨の中を走る神経組織を守る働きも担っています。

一方、頚椎(背骨の首の部分)が支えているのは頭だけ、ひざの骨は座っているときなどには休むことができます。その点、腰椎には、寝ているとき以外、常に負荷がかかっているのです。故障することが多いのは、しかたないのかもしれません。

ギックリ腰は自分で治せる腰痛

ひと口に腰痛といっても、原因も症状もさまざまです。大きく分けると、明らかな原因がわかる腰痛(特異的腰痛)と、原因が一つに特定できない腰痛(非特異的腰痛)になります。

実際には、原因をはっきり一つに特定できるケースは少なく、全体の15%くらいです。つまり、腰痛のうち8割以上は、「悪い病気などが原因ではないとはいえるが、原因を一つに特定できない」のです。

特異的腰痛には、下肢に痛みやしびれを伴う椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症、骨折やガン、感染症などがあります。放置すると、痛みや炎症が広がったり、マヒが起こったりして生活に支障が出るので、速やかに治療を受けることが必要です。

一方、ギックリ腰などの非特異的腰痛は、重い病気や障害が原因ではないので、焦って病院に行く必要はありません。生活習慣の改善などで、自分で治せる腰痛と考えていいでしょう。

では、特異的腰痛なのか、非特異的腰痛なのか、どのように見極めたらいいのでしょうか。

非特異的腰痛の場合、「痛たたっ」と感じたときから、1週間以内に改善する人が約5割、3週間でほとんどの人が治ってしまいます。

疑心暗鬼になるのは痛みの増幅につながる

このように、日に日に痛みが緩和されていくのがわかり、動いているときは痛みを感じるものの休めば消える、という場合は、セルフケアで改善できる非特異的腰痛といえます。

しかし、「どんな体勢を取っても痛い」「痛くて一睡もできなかった」「翌日になったら痛みが増した」という場合は、病気や障害が原因となっていることが考えられます。

痛みの原因が腰椎以外のケースもありますが、まずは整形外科を受診することをお勧めします。整形外科の医師は、ガンや動脈の狭窄、子宮内膜症などの婦人科系疾患などが、腰痛を起こすことを知っています。ですから、それらの病気が疑われる場合は、速やかにその専門科を紹介してくれます。

つまり、腰痛で整形外科に行き、「異常ありません」といわれたら、「悪い病気じゃない」と喜んでいいのです。「痛いのに異常がないなんておかしい。何か見落としがあるのでは」などと、不安になったり、疑心暗鬼になったりするのは、痛みの増幅につながります。

異常なしと診断されたら、3カ月間セルフケアで様子を見てください。それでも、痛みが変わらない、もしくは強くなったら、再度整形外科を受診しましょう。

自分で治すという意識が自己治癒力を上げる

整形外科医は、非特異的腰痛の患者さんに、「運動で腰痛を治すこと」を勧めています。

痛いからといって安静を続けると、筋肉がかたくなるので、逆に治りが遅くなったり、ギックリ腰を誘発したりするのです。

運動の種類は問いません。体の動かし方によって、腰痛の改善の度合いを調べた論文がありますが、結果は「どれも同じ」でした。

「何をしたらいいか、わからない」というかたには、ウオーキングを勧めます。適正な速度や時間は、人それぞれですが、目安は、終了後に心地よい疲労感があり、翌日疲れが残らない程度。「楽しかった。明日もやろう!」と思えるくらいが、適正運動量です。

ギックリ腰を起こしたときも、無理に体操をする必要はありませんが、日常生活を制限するのは好ましくあゃません。全身の血流を良好な状態に保ち、筋肉を柔軟にしておくことが、治癒への早道です。

運動の利点としては、能動的に行動を起こすことで、「治してもらう」ではなく「自分で治す」意識を持てるということもあります。人間が本来持っている自己治癒力が、上がっていく可能性があるのです。実際、能動的に運動をしたほうが、痛みが軽くなるという研究データもあります。

整形外科で診てもらい、異常がないと診断されたら、ぜひご自身が楽しめる運動を継続して実践してください。



関連記事

腰痛に関しては、素人判断は禁物

ぎっくり腰は中高年でも1週間で回復 ひと口に腰痛といっても、その症状はさまざまです。 た

記事を読む

腰痛の検査の進め方

問診は診察の重要な出発点 最近は画像検査など、検査機器が発達してきましたが、画像による検査のみ

記事を読む

「AKA-博田法」のおかげで30年ぶりに腰が軽くなった

AKA-博田法で椎間板ヘルニアが改善した健康雑誌記者の体験談です。 椎間板ヘルニアの手術を

記事を読む

腰痛の原因の一部には手術が有効というものがある

大部分の腰痛は保存的療法で改善できる 通常、腰痛が起きてから2~3日間は、安静を保つとともに、

記事を読む

腰痛の検査

骨量検査(骨密度検査) 腰痛の原因が、骨租しょう症による骨の変形や骨折によるものと疑われる場合

記事を読む

  • 腰痛改善ストレッチ【福辻式】
PAGE TOP ↑