*

おなかにひもを巻くだけで不思議と腰痛が解消!

公開日: : 腰痛解消グッズ

薬も湿布も効かなかった腰痛が解消した埼玉県 52歳 会社員 男性の方の体験談です。

冬場は痛みが増しあおむけで眠れない

私は27歳から、土日にボランティアで少年野球の審判をやっていました。主審でも塁審でも、ボールを正確に見定めるには、どうしても中腰の姿勢になります。その影響か、30代半ばくらいから、腰痛に悩まされるようになったのです。

審判のボランティアを卒業したあとも、慢性の腰痛は続いていました。特に冬場、寒さが厳しくなると痛みが増します。就寝時もあおむけになれず、横向きで腰を曲げて眠りました。

痛みがひどいときには、知り合いの治療院で、腰をもんでもらったり、湿布をしてもらったりしました。痛みは一時的に和らぐものの、翌日には元の木阿弥。そのくり返しでした。

そしてついに昨年、私はギックリ腰を起こしました。重い物を持ち上げたとか、クシャミをしたとか、そういったきっかけは覚えていません。気がついたら、腰が固まって動けなかったのです。疲れがたまっていたのかもしれません。

やっとのことで帰宅できる状態に

慌てて、いつもの治療院に行きました。腰をぐっと押してもらうと、なんとか姿勢は戻り、激痛も治まりましたが、鈍痛は残ったままでした。その後、整形外科を受診し、レントゲンを撮りましたが、骨には異常なし。病院で処方された鎮痛剤と湿布薬を使っても、腰の痛みは消えなかったのです。

2回目のギックリ腰を起こしたのは、車から降りようとしたときでした。グキッときて、そのまま動けなくなりました。激痛が去るのを待ち、ゆっくり体を動かして、やっとのことで帰宅しました。

このときは、忙しさにかまけて、治療院に行きませんでした。私は複数の施設の責任者を務めています。毎日のように、各施設を車で巡回しますが、運転中、腰が痛くてたまりませんでした。

また、長時間デスクワークをしているときも、腰の痛みが増しました。

翌日から明らかに腰の痛みが軽くなってきました

そんなとき、仕事上でおつきあいのある浜島習貫先生(浜島治療院院長)と会う機会がありました。浜島先生に腰のことを相談したところ、「おなかにひもを巻いておくと楽になるよ」と教えてくれたのです。「ひもトレ」というそうです。

正直、私は「ひもなんかで腰痛がよくなるのかな」と半信半疑でした。でも、簡単な方法でしたし、家にちょうどいい丸ひもがあったので、とりあえず試すことにしました。ひもは、着物の腰ひもや、梱包用の丸くてやわらかいビニールロープでもいいそうです。

おなかの周りにひもを添わせ、ずり落ちない程度に凄く巻くのがコツです。私は下着の上にひもを巻き、その上に洋服を着ました。全く違和感がないので、お風呂に入るとき以外は、寝るときも含め、一日中ひもを巻いていました。

すると、ひもを巻いた翌日から、明らかに腰の痛みが軽くなってきました。そして、1週間もしないうちに、腰痛がすっかり消えたのです。鎮痛剤や湿布薬も効かなかったのに、ひも1本で痛みが消えるなんて、まるで魔法のようでした。

→おなかにひもを巻くと腰痛だけでなく腕のしびれも解消した



関連記事

「巻きタオル」で本来の正しい座り方にすれば腰痛が消える

正しい姿勢で座っている人は少ない 人間はまっすぐ立っているとき、最も腰への負担が少ないといわれ

記事を読む

「爪もみ靴下」によって腰痛や首痛が楽になった

ひと月もたたないうちにほとんど解消 長野歯科医院副院長の長野俊彦先生は歯科医として西洋医学

記事を読む

「多層チタンのチップ」「多層チタンのネックレス」は腰痛に高い即効性

特徴は扱いが簡単なところ 血流の改善は冷えの解消にもつながります。首の後ろには、「風門」と

記事を読む

「足指曲げ」の効果でつらかった腰痛が改善

足の内旋が腰痛の原因だった スポーツジャーナリストの石井隼人さんは、17年前、全国中学校サッカ

記事を読む

足首にゴムバンドを巻くことで慢性的な腰痛が改善

全身のバランスが矯正される 腰痛やひざ痛など、体の痛みの多くは、体のゆがみが原因です。治療によ

記事を読む

  • 腰痛改善ストレッチ【福辻式】
PAGE TOP ↑