*

「横向き足抱え」と「腰丸め体操」で治りにくい両足のしびれも改善

公開日: : 最終更新日:2018/02/05 脊柱管狭窄症による腰痛, 腰痛を改善する運動・動作

多くの患者さんに良好な効果が現れて

脊柱管狭窄症になると、「10分歩いただけで、痛みやしびれが出て歩けなくなる」「立っているだけでもつらい」「寝ていても痛みやしびれで目が覚めてしまう」などの症状に襲われます。日常のさまざまなシーンで支障が出るため、QOL(生活の質)が明らかに低下します。

そんな脊柱管狭窄症の患者さんに対し、東京駅そばの竹谷内医院では、カイロプラクティックの施術を行うとともに、「横向き足抱え」と「腰丸め体操」の指導を行っています。患者さんに、自宅で実践してもらうためです。これによって、症状が改善・解消するなど、多くの患者さんに良好な効果が現れています。

ここでは、この二つの体操を行った結果、つらい症状から解放された患者さんの例をご紹介しましょう。

治りにくい両足のしびれも改善した!

【Aさん・74歳・男性】

Aさんは、3年ほど前に脊柱管狭窄症と診断されました。両足の太ももの外側からふくらはぎの外側にかけて、しびれと痛みがありました。また、足の甲から親指にかけての、痛みとしびれにも悩んでいたのです。

10分も歩くとしびれや痛みが出て歩きづらくなるという、間欠性跛行も起こりました。整形外科を受診したところ、腰椎(背骨の腰の部分)が狭窄していることが判明したそうです。

医師からは手術を勧められましたが、「できるなら手術は避けたい」と思ったAさんは、竹谷内医院に来院しました。去年の10月のことです。

院長の竹谷内康修先生は、Aさんには、腰の治療を施すとともに、「横向き足抱え」と「腰丸め体操」を指導し、自宅で実践してもらいました。すると、10回ほど通院するうちに、しだいに症状が改善していきました。間欠性跛行がすっかりなくなり、両足のしびれや痛みもほとんど改善したのです。

ちなみに、脊柱管狭窄症による足のしびれや痛みが片側だけの人は、比較的治りやすいのですが、Aさんのように両足に症状が出ていると、改善が難しくなります。それが、ここまで軽快したのは、熱心に「横向き足抱え」と「腰丸め体操」を続けた賜物といえるでしょう。

→脊柱管狭窄症の痛みやしびれがすっかり取れたのは「横向き足抱え」と「腰丸め体操」のおかげ



関連記事

「足首回し」で腰痛を寄せつけない

ゆがんだ足首を元の状態に戻す 私たちの体の痛みについて理解するには、ガス管が破裂してガスが

記事を読む

背筋を鍛える筋力トレーニング

立っている姿勢や座っている姿勢を保つためには、腰椎の後方にある脊柱起立筋などの筋肉を緊張させ

記事を読む

「鼻の横押しストレッチ」で悩まされていた腰痛が3日で治った

腰への効果はてきめんだった 萩原カイロプラクティックの萩原秀紀先生は、鍼灸師として、カイロプラ

記事を読む

腰痛に効くおなかもみは1週間ほど続けると効果的

触れることのできるインナーマッスル それではここで、おなかもみの方法を紹介しましょう。おなかも

記事を読む

ひどい肩こりと腰痛に悩まされていたが「ながら腕振り」で改善

ひどい肩こりや腰痛が消え立ち婆もシャンとなり膀胱炎も改善できた埼玉県 58歳 主婦の方の体験

記事を読む

  • 腰痛改善ストレッチ【福辻式】
PAGE TOP ↑