*

いつ痛みが起こるかいつも不安だった股関節の激痛が「5秒伸び体操」で解消

公開日: : 最終更新日:2018/01/15 腰痛を改善する運動・動作

ビリッと電流が走る左股関節の激痛が消失した大阪府 45歳 主婦の方の体験談です。

股関節が痛んで横座りができない

2017年のゴールデンウィーク少し前のことです。左の股関節の内側に、ビリッと電流が走るような痛みを感じました。

それ以降、足の向きを変えたり、何かをまたごうとしたり、左足を出そうとすると、その瞬間にビリッと激しい痛みが走るようになりました。どうやら、左足の股関節を開くときに、痛みが走るようです。

痛みは一瞬で、そのまま歩き出したり、しばらく休んだりすると消えます。しかし一瞬とはいえ、痛みはかなり強く、いつ起こるかわかりません。「痛くなったらどうしよう」と、いつも不安でした。そのため、左足を開けなくなりました。

例えば、右足を下にすれば横座りができます。しかし、左足を下にすると、左の股関節が痛むので、横座りができないのです。

連休が明けてすぐ、私は近所の整形外科で診てもらうことにしました。

治らなかったらどうしよう

レントゲンを撮っても骨に異常はなく、医師から消炎・鎮痛湿布を処方してもらいました。また、理学療法士の先生からは、リハビリを指導してもらいました。ところが、あまり効果はなかったのです。

そのうち、どういう姿勢をすると痛みが出るかがわかり、気をつけるようにしたため、痛みの頻度はへりました。しかし、何かのひょうしに足を開くと、やはり激しい痛みが股関節に走ります。

なんとも気の晴れない日が続きました。

「股関節の痛みくらい」と思われるかもしれませんが、私は股関節を痛めたかたを、これまでにたくさん見ています。そのなかには、姿勢がゆがんでしまって、座るのも歩くのも不自由なかたがいらっしやいます。ですからよけい、「治らなかったらどうしよう」という不安が募りました。

そんなふうに痛みとつきあっていた、6月下旬のことです。

そのとき理学療法士の先生から、寝たままできるという「5秒伸び体操」を教わったのです。

→「5秒伸び体操」のおかげで股関節の痛みも改善し肩こりまでよくなった



関連記事

「横向き足抱え」と「腰丸め体操」で治りにくい両足のしびれも改善

多くの患者さんに良好な効果が現れて 脊柱管狭窄症になると、「10分歩いただけで、痛みやしびれが

記事を読む

収縮した筋肉を動かすことで筋肉はゆるみ腰痛が治る

立った状態で腸腰筋をゆるめることもある ある腰痛の専門院では、腸腰筋が腰痛の原因だと疑われた場

記事を読む

保冷剤を手で握るだけで腰痛や関節リウマチが改善していく

「ステロイド剤が効く病気」に効果あり! 体を温めることが、健康によいことは、よく知られています

記事を読む

総合病院一心病院内科医の小出浩久先生が勧める、腰痛や肩こりがすぐに解消する「気功腕ふり」

幼少時の病弱が東洋医学へ誘った 勤務する病院で、私は長年、気功教室を開いてきました。この気功教

記事を読む

患部を直接もまずに腰痛を軽減する耳刺激

耳を上手に刺激することで痛みを軽減する 肩こりがひどくなってしまうと、どんなに直接もんだとして

記事を読む

  • 腰痛改善ストレッチ【福辻式】
PAGE TOP ↑