*

足のむくみや腰痛、股関節痛の改善に役立つ「足のつけ根もみ」

公開日: : 最終更新日:2018/01/29 腰痛を改善する運動・動作

股関節の動きがよくなり、楽に歩けるように

足のつけ根にある大腿筋膜張筋は、骨盤と大腰骨(太ももの骨)をつなぎ、足を前に出すときに使われる筋肉です。大腰筋膜張筋を刺激することで、腸骨筋や大腰筋など、股関節を動かす多数の筋肉が緩みます。

すると、足全体の血行がよくなり、足のむくみや腰痛、股関節痛の改善に役立つのです。歩くのがつらいときにも、足のつけ根もみを行えば、股関節の動きがよくなり、楽に歩けるようになります。

大腿筋膜張筋は、上半身と下半身相方に影響を与えています。ここを刺激すると、下半身だけでなく、頭部を含む上半身の筋肉もほぐれ、ずれていた関節が元の位置に戻ることもあるのです。

顕著な影響が及ぶ場所が、顎関節にかかわる筋肉群です。大腿筋膜張筋を刺激すると、あごの筋肉まで緩むので、顎関節症の痛みや、口の開けにくさが緩和します。また、こめかみの周辺の側頭筋も弛緩するため、頭痛や疲れ目も改善します。

その場でシャキッとし杖を忘れて帰った

足のつけ根をもむことで、頭部の症状が軽快するのは不思議かもしれませんが、これこそが筋ほぐしの醍醐味です。

足のつけ根ほぐしの即効性を示す好例を紹介します。

72歳の男性Cさんは、山歩きをした直後に、足腰が立たなくなりました。Cさんは長野県在住ですが、大事な会合のため、無理を押して上京。「なんとかしてほしい」と、ヨロヨロと杖を突いて来院しました。

足のつけ根をもんだところ、その場でシャキッと立ち上がり、なんと杖を忘れていきかけたのです。東京での会合も無事に済ませ、長野に戻りました。

→腰痛、股関節痛の改善に役立つ「足のつけ根もみ」のやり方



関連記事

腰ふり」のおかげで腰痛ベルトも湿布も必要なくなった

10年来の腰痛が消失し元気に仕事ができるようになった兵庫県 56歳 介護職 女性の方の体験談

記事を読む

西洋医学と東洋医学の利点を融合させた遠絡療法による腰痛の改善

西洋医学と東洋医学を融合させて体系化 年々、医療は目覚ましい発展を遂げていますが、病気に苦しむ

記事を読む

かみ合わせトレーニングで体のゆがみが治り腰痛が改善

埼玉県 50歳 主婦の方の体験談です。 痛みが悪化して寝返りも打てない 「なに、これ!?

記事を読む

「足の筋肉はがし」で腰椎分離すべり症が改善!腰の痛みが軽減してきた

就寝時に湿布を貼る回数も減った! 福岡県にお住いの田端さん(65歳・仮名)が、腰に痛みが出るよ

記事を読む

どこでもできるストレッチ・運動

仕事や家事で忙しい日が続くと、つい運動も怠けてしまいがちです。そんなときは、仕事の合間やリラ

記事を読む

  • 腰痛改善ストレッチ【福辻式】
PAGE TOP ↑