*

腰痛、股関節痛の改善に役立つ「足のつけ根もみ」のやり方

公開日: : 腰痛を改善する運動・動作

①大腿筋膜張筋(だいたいきんまくちょうきん)の位置を確認する。いすに座り、腸骨の最も前に出ている部分の後ろ側のくぼみに、手の親指を当てる。押すと、ずんと響く。その辺りから、足のつけ根の骨(大転子:だいてんし)までが、大腿筋膜張筋。

②左右それぞれの手の人差し指、中指、薬指をそろえて大腿筋膜張筋に当て、押しもみする。少しずつ位置をずらしながら、大腿筋膜張筋を全体的にもみほぐす。刺激の目安は1分程度。1日1度以上行う。

→足のむくみや腰痛、股関節痛の改善に役立つ「足のつけ根もみ」



関連記事

ギックリ腰に即効性がある、手の甲を刺激する「指組み」

筋肉がこわばるとギックリ腰を起こしやすくなる 重いものを持ったり、体をひねったりした瞬間、ギク

記事を読む

「これだけ体操」でギックリ腰の不安から解放された

つらかったギックリ腰がらくになり坐骨神経痛も改善した東京都 43歳 大学職員 女性の方の体験

記事を読む

腰痛に効果のある腰やおしりのストレッチ

大腿部からおしり、背中まで、腰まわりの背面筋肉全体を伸ばすための軽いストレッチです。背筋や腹

記事を読む

脊柱管狭窄症の症状が改善する足抱え体操のやり方

脊柱管が広がりその場で痛みが軽減 足抱え体操は、患者さんだけでなく、竹谷内医院院長の竹谷内

記事を読む

腰痛の主な原因である骨盤から背骨のゆがみを改善する方法「耳つかみ」

ほとんどの人は背骨にゆがみがある 腰痛の主な原因は、背骨のゆがみです。背骨がゆがむと、背骨の背

記事を読む

  • 腰痛改善ストレッチ【福辻式】
PAGE TOP ↑