*

脊柱管狭窄症による腰痛を軽減する「横向き足抱え」と「腰丸め体操」のやり方

公開日: : 最終更新日:2018/02/12 脊柱管狭窄症による腰痛, 腰痛を改善する運動・動作

「横向き足抱え」のやり方

まずは、「横向き足抱え」です。横向きに寝て、ひざを抱えて腰を丸めます。この姿勢であれば、おなかへの圧迫が少なく、筋力の弱い人でも無理なく行うことができます。

通常は、痛みやしびれのある足を上側にして行います。しかし、反対側向きのほうが楽に感じるようなら、楽なほうで行ってもかまいません。

①両ひざを曲げて、横向きに寝ます。このとき、頭の下と腰のくびれ部分に、たたんだタオルなどを置くと、楽でしょう。

②両手でひざを抱え、腰をしっかり丸めます。この姿勢のまま2~3分キープしてください。

①~②を1セットとして、1日3~4セット行います。

あおむけになって、ひざを抱えてもいいのですが、横向きのほうが長時間姿勢をキープできるので、竹谷内先生は、最近はこちらを勧めています。

「腰丸め体操」のやり方

次は「腰丸め体操」です。この体操は、床に寝られないときも、オフィスのいすや外出先のベンチなどで、行うことができます。

やり方:いすに深く腰かけて両足をそろえ、ひざを抱えるように上体を前に曲げます。そのまま30秒キープしたあと、上体を戻してください。休憩をはさみながら、3回くり返しましょう。

→脊柱管狭窄症による痛み・しびれを軽減する「横向き足抱え」と「腰丸め体操」

→「横向き足抱え」と「腰丸め体操」は、脊柱管狭窄症以外の腰痛ではやってはいけない



関連記事

身体の冷えから来ていた腰痛が「足の指のまた刺激」で楽になった

頻繁に起きるめまいまで解消した愛知県 45歳 会社員 女性の方の体験談です。 慢性の腰痛は

記事を読む

背筋を鍛える筋力トレーニング

立っている姿勢や座っている姿勢を保つためには、腰椎の後方にある脊柱起立筋などの筋肉を緊張させ

記事を読む

立ちながら腸腰筋をゆるめる「腹もみ」

気軽に行える「腹もみ」 腸腰筋は体の深部にある筋肉です。しかし、治療家でなくても自分でゆるめる

記事を読む

腰痛やさまざまな痛みの原因である股関節の修正には「ひざゆらし」が効果的

悪い姿勢が全身の痛みや病気を招く いつも正しい姿勢を保つことは、健康で若々しくいるための必須条

記事を読む

脊柱管狭窄症の症状が改善する足抱え体操のやり方

脊柱管が広がりその場で痛みが軽減 足抱え体操は、患者さんだけでなく、竹谷内医院院長の竹谷内

記事を読む

  • 腰痛改善ストレッチ【福辻式】
PAGE TOP ↑