*

腰痛の治療にプラセボが大きな役割を担う

公開日: : 腰痛の治療

プラセボをきちんと服用すると脂肪率が低い

新しい医薬品の効果を試す臨床試験では、比較としてこのプラセボ(偽薬)が用いられることもあります。新医薬品の効果をみる際に、プラセボ効果を割り引いて本来の効果だけを確かめるためです。

プラセボは市販されておらず、臨床試験のときには比較する薬とそっくりにわざわざ作ります。科学的に検証しなければならない臨床試験では、「プラセボ効果」は排除されるべきものとされ、否定的な扱いを受けています。

しかし、患者さんの治療を第一に考える診療現場では、このプラセボを有効に使う医師もいます。これはイギリスの研究ですが、リウマチ専門医や一般内科医が、全くのプラセボではなく、副作用の少ない鎮痛薬や抗菌薬を、日常的にプラセボ薬として処方していると報告されています。

また、イギリスの権威ある医学雑誌「ランセット」に、「プラセボは最も効果のある治療薬である」という特集が組まれたことがありました。事実、その効果を信じてきちんと処方箋通りに服用し続けている人は、死亡率が低いというデータも出ています。

プラセボが大きな役割を担う

とくに腰痛の治療は鎮痛を目的として行われますから、プラセボが大きな役割を担うと考えられます。しかもその効果はゆっくり長く持続し、副作用もありませんから、高価な鎮痛薬よりも場合によっては鎮痛効果が優れていることもあります。

プラセボと聞くと、患者さんにとっては騙されたような気分になるかもしれません。しかし、科学的に検証して証明されている効果であり、むしろこれを積極的に利用するほうが得策でしょう。

そのためには、患者さんは信頼できる医師をみつけること、自分から治していこうという積極性を持つことが大切であることをプラセボは教えてくれます。



関連記事

牽引療法は腰痛改善に効果がない?

以前は効果があると考えられてきた 牽引療法とは脊椎を上下にひっぱり、腰椎の圧迫を軽くして腰痛を

記事を読む

腰痛の原因の一部には手術が有効というものがある

大部分の腰痛は保存的療法で改善できる 通常、腰痛が起きてから2~3日間は、安静を保つとともに、

記事を読む

痛みが強い腰痛とブロック療法

脚に強い痛みが起きている患者さんが対象 腰痛の痛みがあまりにも強い場合には、背骨に注射をするブ

記事を読む

腰痛は温めるほうがいいのか、冷やすのがいいのか?

科学的な根拠はなかなか見つからない 腰痛のときに温めればいいのか、冷やせばいいのか、という疑問

記事を読む

「腰痛には安静」というのはウソ。日常生活を送るのがベストな対処法

動かないことが最良の対処法という医者も 腰痛の治療、まずは「安静」です。「治療法」とは考えにく

記事を読む

  • 腰痛改善ストレッチ【福辻式】
PAGE TOP ↑