*

牽引療法は腰痛改善に効果がない?

公開日: : 腰痛の治療

以前は効果があると考えられてきた

牽引療法とは脊椎を上下にひっぱり、腰椎の圧迫を軽くして腰痛を軽減する目的で行われるもので、牽引することで腰部の安静や異常な筋肉緊張の軽減、椎間板内圧の減少などが得られると考えられてきました。

現在も、整形外科医院や接骨院などで、脊椎の病気に対する局所の安静などを目的に、日常的な診療プログラムのなかに牽引療法を組み込んでいるところが多くみられます。

ある整形外科医も、以前は入院患者さんに、治療を受けているという意識を持ってもらうために使用していたことがありました。しかし、外来にこられる患者さんには使用していません。

その理由は、15~20分ほどの牽引療法を受けるために、往復1時間以上もかけて通院するなら、その時間を腰痛の軽減に効果があるとされる日常的な仕事や家事、あるいは運動にあてたほうがよいのではないかと考えたからです。

腰痛を悪化させる可能性も

しかし、これだけ普及しているにもかかわらず、牽引療法が腰痛や坐骨神経痛に有効であるという科学的な根拠は報告されていません。逆に、イギリスの腰痛ガイドラインでは、「牽引療法に関しては、治療効果がないことが証明されている」と明言しています。

さらに、牽引療法を行いながら安静に寝ていると、関節のこわばり、筋肉の萎縮、骨密度の低下などの危険があるので、腰痛の患者さんには用いるべきではないと言及しています。

単純に考えても、腰の椎間板の変性によって低くなった身長を元の状態に戻そうとしたり、腰椎の湾曲したカーブの度合いを改善したりするためには相当な力が必要になるでしょう。牽引によりかえって腰痛を悪化させる可能性も否定できません。

患者さん本人が牽引後に気持ち良く感じられるのであればよろしいのですが、効果が認められないと実感されたときは、漫然と続けていないで他の療法に切り替えたほうがよいでしょう。



関連記事

腰痛の治療にプラセボが大きな役割を担う

プラセボをきちんと服用すると脂肪率が低い 新しい医薬品の効果を試す臨床試験では、比較としてこの

記事を読む

腰痛の検査

骨量検査(骨密度検査) 腰痛の原因が、骨租しょう症による骨の変形や骨折によるものと疑われる場合

記事を読む

腰痛は手術療法で問題解決できるわけではない

最終的な問題解決は図れないこともある 腰痛の患者さんで手術を考える場合は限られており、椎間板ヘ

記事を読む

慢性腰痛に効果が期待できる治療法「認知行動療法」

心理的ストレスが軽減されていく ヨーロッパの腰痛ガイドラインで、慢性腰痛に効果が期待できる治療

記事を読む

痛みが強い腰痛とブロック療法

脚に強い痛みが起きている患者さんが対象 腰痛の痛みがあまりにも強い場合には、背骨に注射をするブ

記事を読む

  • 腰痛改善ストレッチ【福辻式】
PAGE TOP ↑