*

カイロプラクティックやAKA療法などの「徒手療法」

公開日: : 腰痛の治療

日本にはなじみが薄い徒手療法

徒手(としゅ)療法は「マニピュレーション」とも呼ばれていますが、日本では正式な資格がないためご存知ない方もいらっしやるでしょう。少し説明をしましょう。

「マニピュレーション」とは操作するという意味です。整形外科領域では骨・関節周辺の筋肉に手技をほどこす療法を脊椎マニピュレーションといい、カイロプラクティックやオステオパシー、AKA療法などが知られています。

カイロプラクティックは1895年に米国で発祥した徒手療法です。脊柱上の関節部位を調整(アジャスト)することで、主に筋・骨格系の障害とそれに伴う様々な体の不調を改善、予防する効果があるといわれています。

鍼灸と並んでWHO(世界保健機関)から認可され、米国、イギリス、オーストラリアなど40の国と地域で法制化されました。日本での理解は今ひとつですが、今のような野放しの状態は、国民にとっては不幸です。

一度、真剣な議論とそれに基づく教育設備の充実や法の整備が必要です。

AKA療法は日本で開発された徒手療法

オステオパシーは、歴史がさらに古く、1874年に米国の医師によって開発されました。解剖生理学的な知識を土台に、体が本来持っている機能性を生かし、筋・骨格系だけでなく、内臓とその支持組織、頭がい骨の調整と脳脊髄液の循環の改善などを目的としています。

現在、米国、イギリス、フランスなど、7か国で国家資格が認められ、米国では教育体系も確立され、西洋医学の医師と同等の正規の医師資格が与えられます。

しかし日本では、無資格の医業類似行為に組み込まれており、海外で正規の資格を取得した人々によって普及活動が行われている現状があります。

AKA療法の「AKA」とは「arthrokinematic approach」の略語で、関節運動学に基づき、関節の遊び、関節面の滑り、回転、回旋などの関節包内運動の異常を治療する方法と定義されています。

この療法は1979年に日本で開発された、関節機能障害の改善を目的とした徒手療法で、理学療法士や整形外科医が参加している日本AKA医学会では認定制度を作り、普及を目指しています。



関連記事

腰痛は温めるほうがいいのか、冷やすのがいいのか?

科学的な根拠はなかなか見つからない 腰痛のときに温めればいいのか、冷やせばいいのか、という疑問

記事を読む

腰痛改善に効果のあるAKA-博田法とは

9割の腰痛が原因不明 腰痛は、日本人の成人の7割が経験するといわれる、国民病ともいうべきもので

記事を読む

腰痛の検査の進め方

問診は診察の重要な出発点 最近は画像検査など、検査機器が発達してきましたが、画像による検査のみ

記事を読む

慢性腰痛に効果が期待できる治療法「認知行動療法」

心理的ストレスが軽減されていく ヨーロッパの腰痛ガイドラインで、慢性腰痛に効果が期待できる治療

記事を読む

「腰痛には安静」というのはウソ。日常生活を送るのがベストな対処法

動かないことが最良の対処法という医者も 腰痛の治療、まずは「安静」です。「治療法」とは考えにく

記事を読む

  • 腰痛改善ストレッチ【福辻式】
PAGE TOP ↑