*

「 脊柱管狭窄症による腰痛 」 一覧

腰痛やひざ痛、股関節痛などを改善する「足首回し」

ゆがみの連鎖が痛みを招く 「足首回し」は、腰痛やひざ痛、股関節痛などの改善に役立つことから、所沢・おおば接骨医院の患者さんはセルフケアとして積極的に取り組んでもらっています。 まず、足首回

続きを見る

腰痛を起こす脊柱管狭窄症

高齢者に見られる 脊髄神経の通る孔である脊柱管が庄迫されるのが、「脊柱管狭窄症」です。生まれつき脊柱管が狭い人もいますが、そうした人でも必ずしも症状を生じるわけではなく、なんらかの原因により

続きを見る

間欠性跛行の人は「おじぎストレッチ」で足腰の筋力を維持

爪先から着地して歩けば歩行距離が延びる 清水整形外科クリニック院長の清水伸一先生は、間欠性跛行を訴える脊柱管狭窄症の患者さんには、外出時でも立ったまま行えるおじぎストレッチを指導しています。

続きを見る

「おじぎストレッチ」でふだんより長い距離を一度に歩ける

「おじぎストレッチ」はすぐに効果が出る 清水整形外科クリニック院長の清水伸一先生は、間欠性跛行を訴える脊柱管狭窄症の患者さんには、外出時でも立ったまま行えるおじぎストレッチを指導しています。

続きを見る

「おじぎストレッチ」は、坐骨神経痛だけでなく間欠性跛行の改善にも有効

脊柱管狭窄症の90%以上に間欠性跛行が起こる 腰部脊柱管狭窄症(以下、脊柱管狭窄症)の忍者さんの多くは、腰痛や坐骨神経痛だけでなく、間欠性跛行という歩行障害に悩まされています。一説によると、

続きを見る

脊柱管狭窄症による足腰のしびれや痛みに「シトルリン」

NOの生成を助ける成分 今、医師も注目している有用成分があります。それは、スイカの果汁に含まれる「シトルリン」という成分です。シトルリンは日本で発見された機能性成分で、アミノ酸の一種。しびれ

続きを見る

脊柱管狭窄症で足腰のトラブルを訴える人が急増

まずは症状を軽くして悪化・進行を防いでいく 「腰から足先にかけてジンジンしびれ、どリビリと痛む」「休み休みしないと、長く歩けない」など、足腰のトラブルを訴える中高年が急増しています。

続きを見る

「大また歩き」で脊柱管狭窄症による腰の痛みが解消

宝塚医療大学鍼灸学科教授 西条一止先生の体験談です。 突然腰痛が再発した 腰痛が初めて発症したのは、10年前のことです。年末に母が亡くなり、慌ただしく葬儀を済ませた直後から、腰が痛くな

続きを見る

足抱え体操は腰椎すべり症による腰痛にも有効

椎間板ヘルニアの人はやってはいけない 足抱え体操をすると、その場で脊柱管が広がるので、痛みが軽減します。また、毎日続けることで脊柱管が広がりやすくなり、そこを通る神経の圧迫がへっていきます。

続きを見る

脊柱管狭窄症の症状が改善する足抱え体操のやり方

脊柱管が広がりその場で痛みが軽減 足抱え体操は、患者さんだけでなく、竹谷内医院院長の竹谷内康修先生の本で知って実践されている人もいます。そういう人も含めて、多くの患者さんが、この体操によって

続きを見る

  • 腰痛改善ストレッチ【福辻式】
PAGE TOP ↑