*

「 脊柱管狭窄症による腰痛 」 一覧

「横向き足抱え」と「腰丸め体操」は、脊柱管狭窄症以外の腰痛ではやってはいけない

ほかの病気が原因で起こる足腰の痛みには不向き なぜ、「横向き足抱え」と「腰丸め体操」が有効なのでしょうか。 腰を丸めると、脊柱管が広がり、神経の圧迫が減少します。すると、酸素や栄養が行き渡

続きを見る

脊柱管狭窄症による腰痛を軽減する「横向き足抱え」と「腰丸め体操」のやり方

「横向き足抱え」のやり方 まずは、「横向き足抱え」です。横向きに寝て、ひざを抱えて腰を丸めます。この姿勢であれば、おなかへの圧迫が少なく、筋力の弱い人でも無理なく行うことができます。 通常

続きを見る

脊柱管狭窄症による痛み・しびれを軽減する「横向き足抱え」と「腰丸め体操」

治りにくい腰痛の代表 東京中央区にある竹谷内医院に来院する患者さんが、最も多く訴える症状は、なんといっても腰痛です。腰痛にはいろいろな種類がありますが、なかでも脊柱管狭窄症は、治りにくい腰痛の代

続きを見る

脊柱管狭窄症の痛みやしびれがすっかり取れたのは「横向き足抱え」と「腰丸め体操」のおかげ

足の裏に違和感を覚えるようになった 東京駅そばの竹谷内医院では、カイロプラクティックの施術を行うとともに、「横向き足抱え」と「腰丸め体操」の指導を行っています。これによって、症状が改善・解消する

続きを見る

「横向き足抱え」と「腰丸め体操」で治りにくい両足のしびれも改善

多くの患者さんに良好な効果が現れて 脊柱管狭窄症になると、「10分歩いただけで、痛みやしびれが出て歩けなくなる」「立っているだけでもつらい」「寝ていても痛みやしびれで目が覚めてしまう」などの症状

続きを見る

腰痛やひざ痛、股関節痛などを改善する「足首回し」

ゆがみの連鎖が痛みを招く 「足首回し」は、腰痛やひざ痛、股関節痛などの改善に役立つことから、所沢・おおば接骨医院の患者さんはセルフケアとして積極的に取り組んでもらっています。 まず、足首回

続きを見る

腰痛を起こす脊柱管狭窄症

高齢者に見られる 脊髄神経の通る孔である脊柱管が庄迫されるのが、「脊柱管狭窄症」です。生まれつき脊柱管が狭い人もいますが、そうした人でも必ずしも症状を生じるわけではなく、なんらかの原因により

続きを見る

間欠性跛行の人は「おじぎストレッチ」で足腰の筋力を維持

爪先から着地して歩けば歩行距離が延びる 清水整形外科クリニック院長の清水伸一先生は、間欠性跛行を訴える脊柱管狭窄症の患者さんには、外出時でも立ったまま行えるおじぎストレッチを指導しています。

続きを見る

「おじぎストレッチ」でふだんより長い距離を一度に歩ける

「おじぎストレッチ」はすぐに効果が出る 清水整形外科クリニック院長の清水伸一先生は、間欠性跛行を訴える脊柱管狭窄症の患者さんには、外出時でも立ったまま行えるおじぎストレッチを指導しています。

続きを見る

「おじぎストレッチ」は、坐骨神経痛だけでなく間欠性跛行の改善にも有効

脊柱管狭窄症の90%以上に間欠性跛行が起こる 腰部脊柱管狭窄症(以下、脊柱管狭窄症)の忍者さんの多くは、腰痛や坐骨神経痛だけでなく、間欠性跛行という歩行障害に悩まされています。一説によると、

続きを見る

  • 寝ている間に腰の痛みが解消
  • 腰痛改善ストレッチ【福辻式】
PAGE TOP ↑