*

「 脊柱管狭窄症による腰痛 」 一覧

足抱え体操は腰椎すべり症による腰痛にも有効

椎間板ヘルニアの人はやってはいけない 足抱え体操をすると、その場で脊柱管が広がるので、痛みが軽減します。また、毎日続けることで脊柱管が広がりやすくなり、そこを通る神経の圧迫がへっていきます。

続きを見る

脊柱管狭窄症の症状が改善する足抱え体操のやり方

脊柱管が広がりその場で痛みが軽減 足抱え体操は、患者さんだけでなく、竹谷内医院院長の竹谷内康修先生の本で知って実践されている人もいます。そういう人も含めて、多くの患者さんが、この体操によって

続きを見る

「足抱え体操」が脊柱管狭窄症による腰痛を軽減

腰や背中を丸めた姿勢で座ると腰に負担がかかる どんな腰痛もつらいものです。そのなかでも、治りにくく困っている人の多いのが、脊柱管狭窄症です。脊柱管狭窄症になると、歩行が困難になり、日常生活へ

続きを見る

  • 腰痛改善ストレッチ【福辻式】
PAGE TOP ↑