*

「 腰痛の知識 」 一覧

医師が答えてくれる腰痛Q&A その3

2017/10/23 | 腰痛の知識

腰痛に関する代表的な質問に対して、東京大学医学部附属病院特任准教授の松平浩先生に答えていただきました。 腰痛によい姿勢とは? Q.「姿勢に気を付けよう」とよく言われますが、「よい姿勢」とは

続きを見る

医師が答えてくれる腰痛Q&A その2

2017/10/16 | 腰痛の知識

腰痛に関する代表的な質問に対して、東京大学医学部附属病院特任准教授の松平浩先生に答えていただきました。 温めたほうがいいのか Q.腰痛の患部は、冷やしたはうがよいのでしょうか。それとも、温

続きを見る

医師が答えてくれる腰痛Q&A その1

ここでは、腰痛に関する代表的な質問に対して、東京大学医学部附属病院特任准教授の松平浩先生に答えていただきました。 検査したけれど「異常なし」といわれる Q.長年、慢性腰痛に悩み、整形外科で

続きを見る

腰痛の原因は心理的なものがほとんど。普通に生活していれば2週間程度で治る

2017/03/20 | 腰痛の知識

腰痛の原因はいまだ解明されていない 「腰痛は医師が作っている」といったら、皆さんは驚くかもしれません。しかし、慢性腰痛を訴える患者さんの多くは、医師に植えつけられたウソの情報によって、痛みから解

続きを見る

腰痛になりやすい年代と職業

腰痛になりやすい年代 腰痛が発症する年代は、腰痛の原因となる病気によっても変わります。 もともと腰痛は、中高年の世代に多い病気でしたが、成長期にある小学生や中学生にもよくみられるようになり

続きを見る

腰を痛めない姿勢で座る

前屈、後屈の姿勢は避ける 背筋を伸ばした状態が腰にとってよいことは、立っているときも座っているときも変わりありません。前かがみや後ろにそっくり返った姿勢では、脊椎のカーブを正常に維持することがで

続きを見る

腰痛の原因の一部には手術が有効というものがある

大部分の腰痛は保存的療法で改善できる 通常、腰痛が起きてから2~3日間は、安静を保つとともに、患部の固定、冷湿布を行います。急性期の強い痛みがやわらいできたら、固定を続けながら、今度は患部を温め

続きを見る

腰痛に関しては、素人判断は禁物

ぎっくり腰は中高年でも1週間で回復 ひと口に腰痛といっても、その症状はさまざまです。 たとえば、運動不足のために筋肉が弱り、筋肉疲労から腰痛が生じる腰痛症もあれば、ぎっくり腰のように、ちょ

続きを見る

非特異的腰痛では、できる範囲で普段の活動を続けることが大事

2016/01/06 | 腰痛の知識

普段の生活をしたほうが、結果的に改善する 「腰痛には安静が必要」という思考そのものが、「動けばまた腰痛が起こるのではないか」という不安や恐怖を強め、過度に腰を守る「恐怖回避思考」につながります。

続きを見る

腰痛には安静が必要なのか

2016/01/02 | 腰痛の知識

不安や恐怖が強いと痛みが起こりやすい 腰痛といえば、「まず安静」と思っている人も多いでしょう。確かに、腰痛といえば、無条件に安静が勧められた時代もありました。しかし、近年では、非特異的腰痛の場合

続きを見る

  • 寝ている間に腰の痛みが解消
  • 腰痛改善ストレッチ【福辻式】
PAGE TOP ↑