*

「 腰痛を改善する運動・動作 」 一覧

「足の筋肉はがし」の効果で、薬やリハビリが効かない腰痛もほぼ解消!

足の筋肉はがしで、腰痛の改善者が増えています。 実際の症例をいくつかご紹介しましょう。 ●Aさん(63歳・女性) Aさんは、腰とお尻の痛みを訴えて、2015年に、ひさの整形外

続きを見る

「太ももの筋肉はがし」をするとギックリ腰が2日で和らぐ

太ももとふくらはぎの滞りをほぐす方法 今回は、一般的な腰痛の原因になっていることの多い、太ももとふくらはぎの滞りをほぐす方法をお教えしましょう。 名づけて「足の筋肉はがし」です。 ま

続きを見る

腰痛は原困となっている滞りをほぐせば改善する

腰痛はなかなかすっきりとは改善しない 一般的に、腰痛は腰の周囲に原因があると考えられています。そのため、整形外科ではレントゲンやM R I(核磁気共鳴画像)を使って、その原因を突き止めようとしま

続きを見る

「足の筋肉はがし」で腰椎分離すべり症が改善!腰の痛みが軽減してきた

就寝時に湿布を貼る回数も減った! 福岡県にお住いの田端さん(65歳・仮名)が、腰に痛みが出るようになったのは、2003年からです。 2010年からは、通院先の主治医だった平野薫先生が開業さ

続きを見る

腰椎分離すべり症で腰が痛く仕事も退職したがなかなか良くならない

腰椎分離すべり症と診断された 福岡県にお住いの田端さん(65歳・仮名)が、腰に痛みが出るようになったのは、2003年からです。 田端さんは建設関係の仕事をしていて、若いころは現場監督でした

続きを見る

「横向き足抱え」と「腰丸め体操」は、脊柱管狭窄症以外の腰痛ではやってはいけない

ほかの病気が原因で起こる足腰の痛みには不向き なぜ、「横向き足抱え」と「腰丸め体操」が有効なのでしょうか。 腰を丸めると、脊柱管が広がり、神経の圧迫が減少します。すると、酸素や栄養が行き渡

続きを見る

脊柱管狭窄症による腰痛を軽減する「横向き足抱え」と「腰丸め体操」のやり方

「横向き足抱え」のやり方 まずは、「横向き足抱え」です。横向きに寝て、ひざを抱えて腰を丸めます。この姿勢であれば、おなかへの圧迫が少なく、筋力の弱い人でも無理なく行うことができます。 通常

続きを見る

腰痛、股関節痛の改善に役立つ「足のつけ根もみ」のやり方

①大腿筋膜張筋(だいたいきんまくちょうきん)の位置を確認する。いすに座り、腸骨の最も前に出ている部分の後ろ側のくぼみに、手の親指を当てる。押すと、ずんと響く。その辺りから、足のつけ根の骨(大転

続きを見る

足のむくみや腰痛、股関節痛の改善に役立つ「足のつけ根もみ」

股関節の動きがよくなり、楽に歩けるように 足のつけ根にある大腿筋膜張筋は、骨盤と大腰骨(太ももの骨)をつなぎ、足を前に出すときに使われる筋肉です。大腰筋膜張筋を刺激することで、腸骨筋や大腰筋など

続きを見る

「5秒伸び体操」のおかげで股関節の痛みも改善し肩こりまでよくなった

大阪府 45歳 主婦の方の体験談の続きです。 すじが元に戻れば股関節の痛みが和らぐ そんなふうに痛みとつきあっていた、6月下旬のことです。 通院先の病院に、理学療法士の佐伯武士先生が

続きを見る

  • 腰痛改善ストレッチ【福辻式】
PAGE TOP ↑